このブログは、読者の要望に極力答えます!
アレがもっと見たい、知りたいというコメントなど気軽にどうぞ。
また、検索ワードで記事に出来そうなものがあれば記事にします。
ちょくちょく覗いてみて下さい〜。

サバイバル生活のススメ >  狩猟 > ↓現在のページ

2019年04月11日

ギリースーツのススメ 猟用ギリーの作り方

1.鳥猟限定です!!!!大物猟でギリースーツの着用はやめてください!!最悪誤射で死にます!!!

2.必ずオレンジか赤などの目立つ物体を所持してください!!!
  もし他のハンターが来た時に、自分が人間であることを認識してもらうためです。
  手を振ったくらいだと草が揺れている程度にしか認識されないので撃たれます。

3.狩猟バッジは必ず常に見えるところに。見えないと違法です。




今回はギリースーツの作り方、と活用方法です。

はじめに、
ギリースーツとは、簡単に言うと迷彩服を立体的にして、輪郭をぼかすことでより迷彩効果を高めたものです。


ギリースーツの中でも何種類かあり、
大きくジャンル分けすると、



US_Army_soldiers_in_ghillie_suits,_Fort_Benning,_Georgia,_USA_-_20101014.jpg
・麻紐などを使用したジュートタイプギリー
ジュートは麻紐の塊なので、非常に通気性が悪く、重く、燃えると火だるまになります・・・。3Dリーフが出てきた今、おすすめはしません。


15.jpg
・偽装網などを被ったワカメタイプギリー(自称)(画像はハイパー道楽様HPより)
通気性が良いです。ただし粗いメッシュになっているので、枝などにすごく引っ掛かります。


16113971_1285278361591095_240863951747132958_n.jpg
・迷彩柄をプリントした生地を立体的に裁断した3Dリーフギリー(kickingmustangさんのフェイスブックより)
メッシュ生地に立体裁断した迷彩布が縫い付けてあるので、軽いし通気性が良いです。



・その他創作ギリー。

等があります。




使いやすさで言うと、
・3Dリーフ
・ワカメ
・ジュート
です。







ということで、3Dリーフタイプのギリーをもとに、自分の猟場に合わせたカスタムをしていきましょう。


ここからは写真付きでカスタム方法の説明です。


用意するものは、

613fbZ46rbL._SY879_.jpg
・3Dギリー上下(バラクラバ・目出し帽がある時はそれも。)
特に気にせずに安いものを買ってください。
フード付きが圧倒的におすすめです。
ポンチョタイプより上下分割の方が動きやすいですし、下はギリーでなくてもマルチカム迷彩などで機動性をあげられます。
この3Dギリーをもとに、造花やメッシュ生地を付けていきます。


61sngyDoeTL._SX342_.jpg
・メッシュ生地(目の粗さや柔らかさでいくつかあるとGOOD!)
背景を透かすことで、強烈に輪郭をぼかすことができます。
散髪で言うと前髪を透かす感じ。ぱっつんだと・・・ね。笑
迷彩の生地でなくても良いです。単色で十分。


img57458592.jpg
20190405_215542.jpg
・造花 (100円ショップでそれっぽいのを買ってください。色はスプレーで変えられるので、出来るだけ猟場にある草木に近いものを。)
色や形の違う造花を組み合わせることで、地面・枯葉・草・木・葉 等、様々なものを作ることができます。
枯れ葉の造花は、iDye Polyなどの化繊用染め粉で色を合わせます。


715vFVeYe1L._SL1500_.jpg
・タイラップ(インシュロック・結束帯。緑・茶色がおすすめです。100円ショップの造園コーナーで売っています。)
偽装を簡単に固定することができます。


Shoe-Goo-Main_1024x1024.jpg
・ホットボンドか靴底用接着剤等(G17や靴底用の接着剤のように粘度が高いもの。)
ほつれ防止や偽装の接着用。重要。


amazing-rustoleum-camo-spray-paint-3-rust-oleum-camouflage-spray-paint-1154-x-1154_large.jpg
・スプレー缶(草葉色、落ち葉等色。染めQがカサカサにならないのでおすすめですが、高いです。)


・猟場の写真等参考資料
以上です。









ギリーの原則は、
・人の輪郭をぼかす。
・偽装に立体感をつける
・奥から始まって手前で終わる。(自然に存在しない偽装をしない。)

です。



・人の輪郭をぼかす。
人と見分ける一番の特徴が、肩回りと頭です。これは鳥でも変わりません。
1(2).png
肩の段差と頭の丸みを無くすように造花、メッシュをつけていきます。
2.png
メッシュはよじって止めることで立体感が出るので、大きめにカットして肩回りや頭に生やすことで背景と馴染みます。


・偽装に立体感をつける。
せっかくのギリーなので、平面にまんべんなく張り付けずに、なるべくボリュームを出します。
下地が茶色で造花が葉の色であれば、1ヶ所にまとめて止めることで膨れ上がりますし、ゾーンを区切って偽装をつけることで、非常に立体感が出ます。
同じ偽装をまんべんなく散らすのではなく、ある程度メリハリをつける。これ鉄則。


・奥から始まって手前で終わる。(自然に存在しない偽装をしない。)
大原則です。
青々とした葉の上に土が有ったら違和感ですよね。
現実と同じように、土→落ち葉→草→(木)→青葉という順番で偽装を重ねていきます。葉や草の向きにも注意。
ギリースーツで一つの生態系が理想。
それさえ守れば、多少現実と色違いの偽装が入っていようが、そういう植生。と認識されます。

最後に、現地でスプレー缶を使って色合いを合わせれば完璧です。





おすすめの偽装。
メッシュよじり

草・葉の塊ゾーン

麻紐のワンポイント(これがあると凄く立体感が出て、他の偽装が背景と同化します。)


3Dリーフを持ち上げるように止める。




ある程度作ったら、一度装備して離れたところから写真を撮りましょう(タイマー撮影などで)。
離れて見ることで違和感等に気が付きます。
のっぺりした”ただの迷彩服”が出来上がっていませんか?自分もよくやります。



納得のいくギリーはなかなか作れません。
出猟したら改良。を繰り返して、自分だけの最強ギリーを作りましょう!




今度出猟したら自分のギリーの写真載せますー。

posted by 海老 at 14:32 | Comment(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: