このブログは、読者の要望に極力答えます!
アレがもっと見たい、知りたいというコメントなど気軽にどうぞ。
また、検索ワードで記事に出来そうなものがあれば記事にします。
ちょくちょく覗いてみて下さい〜。

サバイバル生活のススメ >  ハンドローディング > ↓現在のページ

2014年06月19日

リローディング 散弾実包

弾代。それは永遠に付きまとう難題。

クレー以外は買うより自分で詰めたほうが安いです。



ということで、散弾のリローディング方法と、機材などを紹介します。

↓続く




猟用散弾は100円超え。
特にサボスラグは1発500円超えが多数・・・。
100円で作れれば5倍撃てます。
経済的です。


逆に、
クレー用の装弾は1発40円前後なので、詰めると赤字です。


それらを踏まえた上でリローディングしましょう。









リローディングに必要なもの。


材料
・空薬莢
・雷管
・火薬
・ワッズ
・弾丸or散弾


機材
・リローディングマシン(「MEC 600JR MARKX」 「LEE ROAD ALLU」 等)
・精密はかり(グレイン計測可能な物)
・耳かき等の小さじ


これらが揃えば、レッツ・リローディング








re-CIMG0015-siza.JPG
MEC 600 JR MARKX 
ショットシェル用のリローディングマシンです。





re-CIMG0016-siza.JPG
拾ってきた空薬莢を、


re-CIMG0018-siza.JPG
雷管抜き&膨らんだのを成形

re-CIMG0017-siza.JPG
新しい雷管を、(画像は使用済みのもの。1つだけ新しい。探せ暇人!)

re-CIMG0019-siza.JPG

re-CIMG0020-siza.JPG
挿入。


re-CIMG0021-siza.JPG
中央のステーションで、
re-CIMG0022-siza.JPG
右のボトルから火薬、


re-CIMG0023-siza.JPG
火薬と散弾の間にはワッズを入れ、

re-CIMG0024-siza.JPG
左のボトルからは散弾。






re-CIMG0025-siza.JPG

re-CIMG0026-siza.JPG
ハーフクリンプ、


re-CIMG0027-siza.JPG

re-CIMG0028-siza.JPG
クリンプ完了。

1発100円以下の猟用散弾出来上がり。

という手順です。
(今回はクレー用の弾詰めました。)


火薬などを間違えて詰めてしまった時は、カッターなどで口を開けて分解します。
re-CIMG0029-siza.JPG
野菜に使うスライサーを1つ用意しておくと、簡単・安全に分解できます。





薬莢や雷管に応じた火薬量などを調べることができれば、すぐにでもリローディングは出来ます。コスト削減と楽しみのために、リローディングをおすすめします。



リローディングマシンは、大体の機種が火薬の量を調整できるので、よく調べて調整しましょう。
re-CIMG0030-siza.JPG
↑MEC用の調整する奴




最後に動画置いときますね。こんな流れです。

猟用散弾は100円超え。
特にサボスラグは1発500円超えが多数・・・。
100円で作れれば5倍撃てます。
経済的です。


逆に、
クレー用の装弾は1発40円前後なので、詰めると赤字です。


それらを踏まえた上でリローディングしましょう。









リローディングに必要なもの。


材料
・空薬莢
・雷管
・火薬
・ワッズ
・弾丸or散弾


機材
・リローディングマシン(「MEC 600JR MARKX」 「LEE ROAD ALLU」 等)
・精密はかり(グレイン計測可能な物)
・耳かき等の小さじ


これらが揃えば、レッツ・リローディング








re-CIMG0015-siza.JPG
MEC 600 JR MARKX 
ショットシェル用のリローディングマシンです。





re-CIMG0016-siza.JPG
拾ってきた空薬莢を、


re-CIMG0018-siza.JPG
雷管抜き&膨らんだのを成形

re-CIMG0017-siza.JPG
新しい雷管を、(画像は使用済みのもの。1つだけ新しい。探せ暇人!)

re-CIMG0019-siza.JPG

re-CIMG0020-siza.JPG
挿入。


re-CIMG0021-siza.JPG
中央のステーションで、
re-CIMG0022-siza.JPG
右のボトルから火薬、


re-CIMG0023-siza.JPG
火薬と散弾の間にはワッズを入れ、

re-CIMG0024-siza.JPG
左のボトルからは散弾。






re-CIMG0025-siza.JPG

re-CIMG0026-siza.JPG
ハーフクリンプ、


re-CIMG0027-siza.JPG

re-CIMG0028-siza.JPG
クリンプ完了。

1発100円以下の猟用散弾出来上がり。

という手順です。
(今回はクレー用の弾詰めました。)


火薬などを間違えて詰めてしまった時は、カッターなどで口を開けて分解します。
re-CIMG0029-siza.JPG
野菜に使うスライサーを1つ用意しておくと、簡単・安全に分解できます。





薬莢や雷管に応じた火薬量などを調べることができれば、すぐにでもリローディングは出来ます。コスト削減と楽しみのために、リローディングをおすすめします。



リローディングマシンは、大体の機種が火薬の量を調整できるので、よく調べて調整しましょう。
re-CIMG0030-siza.JPG
↑MEC用の調整する奴




最後に動画置いときますね。こんな流れです。
posted by 海老 at 21:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | ハンドローディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、突然のご連絡失礼いたします。
小生、福島県で猟銃と狩猟を初めて3年になりますが、今年から狩猟装弾をリローディングしようと思いまして、マシーンを購入したのですが、リローディングのメニューがいまいち良くわからないので、ご教示頂きましたら幸いです。宜しくお願い致します。
無許可譲受でパウダー(ホジドンロングショット)・雷管(フェデラル209A)を購入予定ですが、ワッズの種類とパウダー量がわからないので。12番の自動銃で、3〜5号のカモ・キジ用装弾を作りたいと思っております。
Posted by 吉田隆 at 2018年11月03日 23:12
吉田さん
こんばんわ。

猟用装弾ですね。
自分は主にスラグ射撃なので、スラグ弾のデータは山ほどありますが、散弾のデータは少ないです。

その中でも、ロングショットで幾つかデータがありましたので、記載したいと思います。




まず雷管ですが、種類ごとの違いはほとんどありませんので、あまり気にしないで大丈夫です。209Aで問題ないです。
(雷管の径がメーカーによって微妙に違ったりするので、プライミング(薬莢に取り付ける)際に、スッと入ってしまったり、スカスカであれば、違うメーカーの物か、薬莢自体を変えることをお勧めします。





火薬とワッズですが、
火薬は自分もロングショットを愛用中です。散弾に使うには少し燃焼速度が遅い部類に入りますが、問題ありません。火薬量は散弾の量(どれくらいの重さの物を押し出すか=どれくらい圧力がかかるか)で決まります。

ワッズはどの程度の散弾の量を入れるかで決まります。
1  oz.(オンス)で28グラム、
1 1/4oz.で35グラム相当になります。
猟用ですので、35グラム前後相当でいいと思います。

となると、国内で売っているワッズの中では、
フェデラルの「Federal 12S4」というワッズか、
クレイバスターの「CB1138-12」(ウィンチェスター社のWAA12Rという昔からあるワッズと同等品です)
がおすすめです。

特に、WAA12Rのほうは、そのままサボスラグをリローディングするのにも使えるので、便利です。


火薬量の話に戻りますと、大体33gr(グレイン)くらいです。これはロングショットのボトルの前面にも書いてありますので、間違いないかと思います。
(メーカーの公式値なので、安全マージンがデカいです。もっと薬量を増やすこともできますが、銃によっては薬莢の側面の金属が破れて、顔面にガスが直撃することもありますので、(すごく痛いです。)弾速を早くしたい(薬量を増やしたい)際は、自己責任でお願いします!





クリンプについて、
クリンプには、スタークリンプとロールクリンプがあります。
スタークリンプは、通常のクレー装弾。
ロールクリンプは、弾頭が露出しているスラグ弾のあれです。くるっと巻き込んでいるクリンプですね。

クリンプが浅いと圧力が不足して遅発や弾速が遅くなる原因になりますので、市販の装弾を参考にクリンプのセッティングを行ってください。

スタークリンプの中央に隙間があると、散弾がこぼれますので、ぴったり閉じるか、少しクシャッとなるくらいでも問題ありません。


ロールクリンプは、散弾の場合オーバーショットカード(over shot card)という、透明な樹脂や紙製の板を敷いてロールクリンプします。
透明だと中身が見えるので、リローディングした弾でも号数の確認が容易です。
後、ロールクリンプはほぼ失敗しないので、簡単です。

ロールクリンパーという工具を買う必要がありますが、自分は中身が見えるほうが好きなので、買って、使っています。




機材がMECの600JR markVでしたら、セッティングなどでわからないこと等、コメントいただければ、できる範囲でお手伝いします。





超超超長文になってしまいましたので、簡単にまとめると、

散弾の量:1 4/1oz.(35グラム)前後
火薬:ロングショット 33gr前後
ワッズ:WAA12Rか12S4等
雷管:なんでも良し
薬莢:スタークリンプなら何でも良し
   (安全を考えると、金属部分が高いもの)
クリンプ:スターでもロールでも良し。
    圧力不足にならないように深さに注意すること。

です。ご参考になりましたら幸いですー。



管理人 海老。
Posted by 海老 at 2018年11月04日 18:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック