このブログは、読者の要望に極力答えます!
アレがもっと見たい、知りたいというコメントなど気軽にどうぞ。
また、検索ワードで記事に出来そうなものがあれば記事にします。
ちょくちょく覗いてみて下さい〜。

2021年02月01日

ヒヨ撃ちのススメ

ヒヨドリはとにかく数が多くて楽しい!!
良い場所を見つけることが出来れば、一日遊んで20〜30羽回収できる。(関東地方)

カラスやカモももちろん楽しいけれど、一日で何十発と撃てるヒヨ撃ちは最高。

空気銃で一日遊べる上、カラスやカモのように撃てば当たるような大きさではないけど、当たればほぼ落ちる。という丁度良い難しさなので、初心者から玄人までおすすめ。


続きを読む
posted by 海老 at 23:27 | Comment(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月11日

A-boltのハーフライフル12番 が欲しい。

タイトルの通り、
a-boltのハーフライフルが、新銃シンセティック22インチ銃身モデルで22万円で販売されているのを見つけてしまった。
今現在使用しているのはa-boltライフルドチョークの24インチモデル。譲り受けたものを修理しながら使用している。


給付金もあったしなー。などと考えて、気づいたときには銃砲店に見積もりを頼んでいるのであった。
ハンドロードしているのもあって、弾がしっかり回転してくれるのはやはりうれしい。
問題は今所持しているa-boltをもらってくれる人がいるか・・・?制度はいいけどいかんせん撃ちまくっているので故障が心配。


余談になるが、サベージはトリガー周りが特に雑。もう少し良い材質の物を使って、設計自体も改良する必要があるのではないかと思う。
銃砲店で購入を迷い、少し触っただけで、これは雑だと分かるレベル。
某銃砲店兼カスタムショップによると、シアやトリガーの金属が摩耗するらしく、トリガープルが安定しないとのこと。
猟用なら安いしアリだと思う。
が、標的には使いたくないな。悪いのは腕だけで十分。
posted by 海老 at 04:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

ナイフのカスタム

解体用にカスタムしたナイフは非常に使いやすい!!

ということで、自論と使用していただいた方からの評価に基づく使いやすいカスタムを紹介します。
切れ味の低下を防ぎ、軽く、小回りが利くようになるので、おすすめです。



最初に、
切れ味の低下の原因は大きく分けて2つあります。
・刃先が悪くなる
・ナイフ側面の脂や血で抵抗が増し、刃先の状態に関係なく切れにくくなる

脂や血で抵抗が増えるというのがとても厄介で、これが解消されるだけでとても切れるようになります。




本日のお題のナイフはこちら

20200910_014631.jpg
20200910_014700.jpg

モーラナイフカスタム
左が加工したもの。右が買ったまま

背に向けて薄く整形してあります。
(もちろん背に刃はつけませんし、対象の形状ではないのでダガー及び槍ではありません。念のため)




刃先から
20200910_014741.jpg
刃先から見るとひし形。




20200910_014911.jpg
ノギスで挟むと分かりやすい。



これによって抵抗が減り、脂や血が付きにくくなります。



断面図。
リバースエッジ断面イメージ.png
オレンジが肉、黒が刃、赤丸が肉と刃の接触面です。
このように、通常のナイフと比べて接触面が極端に少なくなるので、とてもスムーズに切れますよ。




作り方は(道具があれば)簡単。砥石かベルトサンダーなどで薄く削るだけです。
側面の加工なので、刃先の形状は関係ないのがミソです。
ベルトサンダーあれば10分で作れます。

ちなみに、ひし形にせずに単純に薄くするだけでも良いですが、厚いナイフを単純に薄くすると最悪折れます。また、極端にしなっても使いづらいので、背骨が必要だろうという考えのもと、ひし形を採用しました。
posted by 海老 at 01:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

大物猟の装備紹介

大物猟の装備紹介です。

主に鹿、時々イノシシのグループ猟をしています。単独猟も行きます。
空気銃の鳥猟はまた別に記事を作りますー。



続きを読む
posted by 海老 at 14:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月04日

第2回 オイル防錆試験!

今年もこの季節がやってまいりました。

気温が高く、じめじめとした・・・そう!

オイル防錆試験の季節が!!!!



ということで今年もやっていきましょう。ガンオイル防錆試験第2回。
今回の参加者はこちら。
写真左から、
20190704_214616.jpg

1 オイル無し
2 ラスペネ
3 KURE5-56
4 WD-40
5 TRI-FLOW
6 CP-3 油性防錆剤
7 601 浸透・防錆・潤滑剤
8 万能油圧作動オイル(BELL)

パッケージ写真は後程。

去年と同じく、カッターナイフの刃に塗布した状態でベランダで観察します。
今年は優秀なオイルがそろっているので、結果が楽しみです・・・!
posted by 海老 at 21:55 | Comment(0) | 銃のメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。